Yes !! I can

社内コミュニケーションに役立つ!マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説とは?

社内のコミュニケーションを上手に行いたい場合、マズローの欲求5段階説を知っていると役に立つかもしれません。マズローは人の名前ですが、人間の欲求は最も原始的な生理的欲求から、安全欲求、親和欲求、人間的な自尊欲求、そして最高の自己実現欲求の5段階に分けられるとしました。特に、親和欲求は集団に属していたい欲求、自尊欲求は認めてもらいたい欲求、さらに自己実現欲求は自分の能力を活かす欲求ですので、会社生活において関係が深い欲求といえるでしょう。

社内コミュニケーションの基本は欲求段階を知ること

社内のコミュニケーションを図る場合、相手がマズローの欲求5段階のどの欲求にあたるのかを知ることが役に立つでしょう。例えば、部下が「もっと仕事が欲しい」と言った場合、親和欲求に基づくものであれば、余裕のありなしに関わらず会社を解雇される不安から言っているかもしれません。自尊欲求に基づく場合は、自分を認めてほしいがために無理してでも仕事を追加しようとしている可能性があります。さらに自己実現欲求に基づくものであれば自分の能力を試したいと考えているでしょう。

欲求段階がわかれば対処もできる

部下の欲求が5段階説のどの段階かがわかれば、自分の会話内容も変わってくるはずです。親和欲求が基になっているのであれば仕事を与えるだけでなく安心感を与えることが重要でしょう。自尊欲求であれば、無理しなくても認めていることを伝えればいいかもしれません。自己実現欲求の場合は、適切な仕事を与え期待の言葉を添えると効果的でしょう。相手の言葉をこの5段階説に当てはめて考えることによって、社内コミュニケーションのレベルを上げることができるようになるでしょう。

事業を遂行するときに、何らかの事故や地震、洪水などの災害が起きたとき、速やかに事業を継続するという計画がBCPなのです。

Comments are closed.