Yes !! I can

実は良く分かっていない広告代理店について学んでみよう!!

良く見かける代理店って何?

広告やテレビ、街中にある看板などで良く見かける「代理店」ってどんなものか知っていますか?代理店というのは、その名の通り取引の代理を行うお店や企業のことで、特定の会社と契約を結んだ上で一定範囲の権利や商取り引きの代理、仲介を行っています。取引を結んだお店や企業から、ある程度の販売個数なりシェアなりを確保するような責任を課せられることもありますが、色々と便宜を図ってもらえるというメリットがあるのです。

どんな企業の代理店が存在するの?

よく知っているところでは、「広告代理店」「保険代理店」「旅行代理店」「損保代理店」などが存在しますが、具体的にどのようなものかを紹介しましょう。例えば広告代理店とは、メディアの広告枠をクライアントに売ることで手数料を得るという形態をとっており、近年では役割が広がってきて広告制作の支持をする業務も担っている場合があるのです。そして旅行代理店とは、観光や宿泊などから構成された旅行商品を企画し、そしてそれを実施したり仲介して販売したりする会社のことを指します。

では代理店のメリットって何?

代理店をする最大のメリットといえば、やはりリスクが少ないことでしょう。商品やサービスなどを自分の資金から開発する必要が無いので、始める段階からリスクが最小限で抑えられるのです。そして販売方法は代理店に委ねられていることが多いので自由がきき、自分の都合に合わせられるという面もメリットと言えます。例えば、「今が売れ時!」と思えば販売強化を狙えばいいですし、逆に「今は売れない!」と思えばいつでも撤退出来るのです。

事業を拡大する上で、各支店代表者の独立した活動を尊重した上で、事業の一部代行を任せる方式が、代理店です。

Comments are closed.