Yes !! I can

起業する方法は主に二つ!法人と個人事業主の違いとは?

どういう時に起業するべきか?

どういう時に起業を考えるべきか、どういう状態になったら起業を決断するかということに普遍的な正解はないでしょう。人それぞれ絶好のタイミングは違うはずです。しかし、起業の条件として共通していることもあります。それは起業したいという思いが十分強くなったということが起業に踏み切るべきタイミングを見極める要素の一つだということでしょう。起業すると決意したら、具体的にはどういった方法で起業することができるかを知っておく必要があります。

法人設立で起業する方法

起業する方法の一つは、法人を設立するというものです。要するに会社を作って社長になるということですが、法人設立の登記をする必要があり、司法書士への報酬を合わせると数十万円のコストがかかることになるでしょう。最初から法人にすると、法人住民税が最低でも数万円かかったり、会計処理が複雑になるため税理士に依頼する必要が生じたりと費用が大きくなりがちですが、対外的信用は個人事業に比較すると大きいため、仕事は取り易いというメリットがあるでしょう。

個人事業主で起業する方法

起業する方法の二つ目は個人事業主として起業するというものです。この方法であれば手続きはほとんど必要ありません。税金関係の開業届を提出するだけですし、これには費用も掛かりません。その分、自分で起業したという証も残りにくいので、開業届は提出用と控え用の二部作って、控え用に税務署の受付印を押してもらうといいでしょう。個人事業で開業することによって起業初期のコストを抑えることができますし、必要に応じいつでも法人化できる点もメリットといえるでしょう。

会社を創業したり独立する場合は資金が必要になります。そういった会社の創業の支援なら、まずは銀行に相談することが大事になります。

Comments are closed.