Yes !! I can

便利な機器とプライバシーとの上手な付き合い方!

デジカメ撮影で注意!?他人のプライバシーへの配慮

社会の中で活動していると、他人と衝突することがあり、トラブルを避けるためには他人への配慮も必要なことです。例えば、写真を趣味にしている場合には、被写体を選ぶ必要がありますね。あまりに他人のプライバシーに立ち入って写真撮影を行うと、重大な問題に発展することが懸念されます。カメラで撮影を行う場合には、被写体が他人のプライバシーに抵触しないかどうかについて、撮影者自身が十分に考え配慮することが大切です。

収録時に配慮!音のプライバシーを守る大切さ

録音装置を用いることにより、音を収録することが可能です。レコードやカセットテープといった時代を経て、いまではデジタル録音機器で長時間の録音が可能になっています。街の音を収録することもまた、クリエイティブな趣味とすることができるでしょう。ただし、あまりにプライバシーに関する音を収録することは、エチケットに反しています。他人に走られたくない会話やその他の音もあるため、録音時には気をつける必要があるでしょう。

ネットにもプライバシーあり!情報空間での心がけ

人の交流の場が、現実世界だけでなくネットワーク空間にも広がりつつあります。インターネットは基本的に匿名であるため、つい個人として守るべき一線を乗り越えてしまいがちでしょう。インターネットの中であっても、他人のプライバシーにはむやみに立ち入らないことが大切です。インターネット上で他人のプライバシーに関わる情報については、むやみに拡散させない配慮が必要でしょう。それが自身のプライバシーを守ることにもつながります。

機密文書には個人情報や企業秘密などの情報がたくさん詰まっています。そのため扱い方や処分の仕方を間違えると大問題になってしまうため注意が必要です。

Comments are closed.