Yes !! I can

どうして導入するの?太陽光発電の家庭への導入

電力供給に対する意識の高まり

太陽光発電は太陽からのエネルギーを取り出すという最もクリーンな電力供給方法の一つであり、世界的にも高い注目を浴びている技術です。家庭レベルでの導入も進んでいますが、その背景にあるものの一つが安定した電力供給に対する疑問が生まれてきたことです。東日本大震災の際に計画停電が必要になるという事態が生じたことにより電力供給が危うくなったときの苦しさを誰もが実感しました。それにより家庭でも少しでも電力を供給できるようにしたいと考える人が増えたのです。

オール電化が人気の世の中

電力供給に対する不安が募る一方で、電力はエネルギー源の中では安価なものとして定着してきています。それに伴ってガス等から供給していたエネルギーを電力に全て切り替えて一本化するオール電化を導入することによって光熱費を削減したいという動きが強まりました。オール電化が人気になるに従い、太陽光発電を家庭でも導入することで太陽光があれば家で使用する電力がまかなえてさらに光熱費が削減しやすくなると考えられて家庭への導入が進んだというのも一つの背景となっています。

コストの問題と社会貢献の気持ち

太陽光発電を家庭で設置することによってそのもとが取れるほどの電力供給が可能かというと長期的にみれば可能であるというが事実です。しかし、その間に故障してしまったりメンテナンスが必要になったりしてさらにコストがかさんでいくと利益が得られるほどになるのには何十年という期間がかかる場合もあります。したがって、コスト面ではなかなかプラスになりにくいのが事実です。しかし、各家庭で太陽光発電が行われていくことで社会全体へ供給される総電力量が増えることになり、社会貢献になるという気持ちを持つと導入することにメリットを感じられてくるでしょう。

蓄電池の補助金は国や自治体から貰うことが可能になっており条件は商品の種類や自治体によって大きく異なります。

Comments are closed.